ご迷惑をおかけしており申し訳ございません。

現在、ホームページが正しく表示されておりません。 ブラウザを最新バージョンに更新し、再度オートデスク公式ストアにアクセスお願い致します。

home login search menu close-circle arrow-dropdown-up arrow-dropdown arrow-down arrow-up close hide show info jump-link play tip external fullscreen share view arrow-cta arrow-button button-dropdown button-download facebook youtube twitter tumblr pinterest instagram googleplus linkedin email blog lock pencil alert download check comments image-carousel-arrow-right show-thick image-carousel-arrow-left user-profile file-upload-drag return cta-go-arrow-circle circle circle-o circle-o-thin square square-o square-o-thin triangle triangle-o triangle-o-thin square-rounded square-rounded-o square-rounded-o-thin cta-go-arrow alert-exclamation close-thick hide-thick education-students globe-international cloud sign-in sign-out target-audience class-materials filter description key-learning pdf-file ppt-file zip-file plus-thick three-circle-triangle transcript-outline

サブスクリプションの期間

サポート

キャンペーン価格

カートに追加

AutoCAD LT が 12 ヵ月の価格で 15 ヵ月間*利用可能!
オートデスク公式ストアだけの期間限定。1 月 30 日まで
サブスクリプション移行キャンペーン
保守プランの契約なしに永久ライセンスをお持ちのお客様は、シリアル番号を提出いただくことで、対象製品の3年間のサブスクリプションを最大 40% OFF*でご購入頂けます。
プロが選ぶ AutoCAD
AutoCAD シリーズ製品の価格改定により、年間 149,880 円*の統一価格でこれまで以上に低コストで使用できるようになりました。お客様にとって最適な AutoCAD シリーズ製品をご利用ください。詳細はこちら
まもなく終了!1 月 20 日(金)まで
Revit LT、Inventor LT、AutoCAD LT Civil Suite を年間約 43,092円*でご使用いただけるチャンスです
終了まで、あと
まもなく終了!1 月 20 日(金)まで
今なら、Revit LT Suite のサブスクリプションは約 46% OFF*
終了まで、あと
まもなく終了!1 月 20 日(金)まで
今なら、Inventor LT Suite のサブスクリプションは約 39% OFF*
終了まで、あと

業界別コレクション

Media Entertainment Collection で 3ds Max を入手

Media Entertainment Collection で Maya、MotionBuilderなどとともに 3ds Max を入手。

コレクションでさらなる活用

オートデスクの新しい業界別コレクションは、AutoCAD とともに主要なオートデスクのソフトウェアとサービスを簡単かつ便利に、しかも魅力的な価格で提供します。
業界別コレクションの詳細はこちら

サブスクリプションメンバーになる

サブスクリプションのご注文は、30 日以内であればキャンセル可能です。

  • お使いの PC にインストール
    購入したソフトウェアは、お客様がお使いの PC にインストールされます。
  • ソフトウェア アップデート
    ソフトウェアの最新版入手やアップデート機能にアクセスできます。詳しくはこちら
  • 技術サポート
    サブスクリプションメンバーだけが利用可能な技術サポートへ問い合わせできます。
  • アドバンス サポート
    サブスクリプションにアドバンス サポートが含まれました! このメリットをぜひご活用ください。アドバンス サポートによって技術サポートの担当者と電話で話せるので、問題をさらに素早く簡単に解決することができます。
  • クラウドサービス
    各種クラウドサービスへのアクセスと 25GB のクラウドストレージの利用が可能です。
  • 柔軟なライセンス運用
    会社でも、ご自宅でも、出張先でもご利用できます。
  • AutoCAD 360 Pro
    AutoCAD 360 Pro が AutoCAD LT サブスクリプション の一部になりました。モバイル デバイスで、いつでもどこでも、AutoCAD 図面を表示、編集、共有できます。

ご注意

  1. オートデスク サブスクリプションのお支払い方法はクレジット カードのみとなりますので、あらかじめご了承ください。
  2. 選択した期間に基づき、オートデスク サブスクリプションおよび関連特典を使用する権利を期限付きで付与いたします。自動更新プランでご購入の場合には、使用期限になると自動的に期間が延長されます。延長期間は初回注文と同じ期間で、請求処理は自動更新後の初日に自動的に行われます。Digital River が注文処理を行った日付が各期間の開始日となります(詳細は、カートのページを参照)。サブスクリプションのよくある質問
  3. 将来的な問題を回避するために、お支払い情報(名前、メール アドレスなど)には必ず契約管理者(ユーザ管理の担当者)様の情報を入力してください。契約管理者の方には、ソフトウェアを管理するための大切な情報と管理権限を提供いたします。購入後に管理者を変更することはできません。
  4. 携帯電話のメールアドレスを使用しないでください。
  5. オートデスクアカウントを持っている場合は、オートデスクアカウントのメールアドレスを使用してください。「Autodesk Account ガイドツアー ~Autodesk2017バージョン製品の利用に際して~」

サブスクリプションのサポートとラーニング

サブスクリプション設定に関するさまざまな情報取得と、オートデスクへのお問い合わせ方法のご案内

  1. 製品ご購入に関するご案内
    サブスクリプションライセンスの概要、ご購入からダウンロード、Autodesk Account での指名ユーザーの設定などを画面キャプチャつきでご説明しています。

  2. オートデスクへのお問い合わせ方法
    エンドユーザ様がオートデスクへお問い合わせいただく方法を紹介した文書です。インストールや設定がうまくいかない、注文確認メールが来ない、ダウンロードができない、などの場合にもご利用いただけます。

  3. Autodesk Account ガイドツアー ~Autodesk2017バージョン製品の利用に際して~
    サブスクリプションをご契約のお客様が今年度リリースされる製品を、よりスムーズに利用開始いただくために必要なセットアップについて 45 分間の動画でご説明しています。

  4. ソフトウェア管理者向けオートデスクサブスクリプションガイド
    ソフトウェアのセットアップ方法とユーザー管理方法についてのすべてが記載されているドキュメントになります。

製品機能

業界で最も強力なアニメーションおよびレンダリング ツールを使用して、大規模な世界や目を見張るようなシーンをすばやく効率的に作成できます。3ds Max ソフトウェア の新機能を使用すれば、以下のことが可能になります。

  • UV マッピングの機能強化によって、ナビゲーションが向上し、編集時間を短縮できます。テクスチャ作成の改善、視覚的なフィードバック、簡略化された効率的な編集プロセスといった、ユーザからの重要な要望に応えます。
  • より信頼性の高い結果に基づいてハード サーフェス フォームをすばやく作成できます。強化された倍精度のブール演算により、オペランドの追加や削除が容易に行え、ネストされたブール演算も作成できます。
  • ベベル プロファイル モディファイヤを使用して、目的のベベルを設定したり、テキスト プラスと同じプリセットを使用できます。
  • トラック ビューの改善(キー値と時間を操作するための新しいレイアウトおよび編集ツールなど)により、アニメーションパイプラインのレスポンス性が向上しました
  • [モーション]パネルの新しいコピー/貼り付け/リセット機能、およびカスタム アトリビュート ワークフローのプリセット ファイルの作成/ロード/保存機能により、素早い操作が可能になります
  • より効率的かつ直感的にツールにアクセスし、オブジェクトの作業が行えます。[作業基点]、[ローカル位置合わせ]、[サブオブジェクトを選択]、[ポイント-ポイント選択]ツールが改良され、効率的な操作が可能になりました。使いやすさが向上し、ワークフローが改善されます。
  • Autodesk Raytracer (ART)レンダラーを使用して、工業、製品、建築プロジェクトのフォトリアルな結果をレンダリングできます。ART は、Revit、Inventor、Fusion 360、その他の特定のオートデスク アプリケーションで使用される、デザイン ビジュアライゼーションのワークフローに最適な物理ベースのレンダラーです。
  • 3D コンテンツに単一のビューですばやくアクセスでき、コンテンツを容易に検索できます。Autodesk Exchange から入手できる 3ds Max アセットライブラリを使用して、アセットを外部参照、合成、置換によってシーンに追加できます。
  • 3ds Max は最新の HDPI モニタやラップトップで実行できます。新しい高 DPI ディスプレイのサポートにより、Windows の表示スケーリングが適用されます。UI がより見やすくなり、新しい Qt ベースのスキンを利用できます。
  • Shotgun の統合により、3ds Max を制作プロセスに簡単に統合できます。安全なクラウドベースのコラボレーションを実現するプラットフォームで、アセットの追跡、レビュー、管理が行えます。
  • ルックアット(ビルボード モード)、レイからサーフェス、回転スプリングを含む新しい MCG ベースのコントローラを使用して、アニメーションツールを作成、変更、パッケージ化、共有できます。
  • 測地線ボクセルとヒート マップ スキニングを使用して、よりリアルなスキンウェイトをすばやく作成できます。新しいスキニング手法は、バインド ポーズの外側や、選択した特定領域にも実行できるため、修正が必要な箇所のウェイトを簡単に微調整できます。測地線ボクセル スキニングでは、連続性が絶たれた複雑なジオメトリに対しても処理が可能で、複数のコンポーネントで構成されたモデルやオーバーラップ コンポーネントでさえその処理に含めることができます。これは実際の制作でのメッシュによくあることです。
  • テキスト情報を含めた文字をシーンに簡単に追加できます。グローバルなコントロール、ローカル編集機能、フォント保持機能が搭載された新しい 3D テキスト ツールを使用すれば、Microsoft Word ドキュメントからテキストをコピーする際のワークフローが改善されます。
  • 新しいゲーム エクスポータにより、アート制作からエンジンまでのよりシームレスなワークフローが実現します。さまざまな種類のデータを 3ds Max から Unity、Unreal Engine、新しい Autodesk Stingray エンジンといったゲーム エンジンに転送できます。
  • Creative Market でオリジナルのコンテンツを販売できます。オンラインで自作の 3D および 2D アセットのライセンスを供与し、新しい収益拡大の機会を探ることができます。3ds Max 内からマーケットにすばやくアクセスして検索できます。
  • 3ds Max から直接、ワンクリックで Print Studio にモデルを送信できます
  • 新しいテキスト マップやシェイプ マップを使用して、マテリアルのマップとなるテキストやシェイプを簡単に作成できます。それらの作成に使用したオブジェクトから直接、テキストをベースにしたグラフィックスを作成できます。この新しい機能を使えば、要素はインタラクティブな状態を維持し、元のオブジェクトにリンクされたままで、フォントの変更、内容の改訂、形状の更新が自動的に反映されます。
  • 簡単なシミュレーション データの読み込み(CFD ビジュアライゼーション)を使用して、シミュレーション データの読み込み、解析、表示を容易に行えます。プログラマ以外の人に最適なこれらのツールを使用すれば、シミュレーション データを CFD、CSV、OpenVDB 形式でアニメートする、レンダリング スタイルや CFD 速度フィールドを適用する、エアフローのスプラインをアニメートする、といったことが可能です。

機能紹介ビデオ

3D モデリングおよびレンダリング ツール

3ds Max® なら、プロ品質の 3D アニメーション、レンダリング、モデリングを作成できます。高品質の 3D コンテンツを短期間で制作できる、効率的なツールセットが搭載されています。

  • 新機能

    Stingray ライブ リンク

    3ds Max と Stingray エンジンを接続します。

  • Max クリエーション グラフ(機能強化)

    シェイプとスプラインを使用し、シミュレーションデータを読み込むことができます。

  • 新機能

    3D コンテンツ ストア「Creative Market」を統合

    オンライン マーケット(英語)で 3D アセットを素早く検索できます。

  • ShaderFX

    先進的な HLSL シェーダを直感的に作成できます。(ビデオ:1 分 11 秒 英語)

  • 高速化されたビューポートのパフォーマンス

    シーンでのスムーズなインタラクティブ操作が可能です。(ビデオ:1 分 15 秒 英語)

  • パーティクル フロー エフェクト

    高度なパーティクル シミュレーションを作成できます。(ビデオ:1 分 12 秒 英語)

すべての機能を表示

製品の比較

バージョン別機能比較はこちらでご確認ください。

動作環境

動作環境はこちらでご確認ください。