ご迷惑をおかけしており申し訳ございません。

現在、ホームページが正しく表示されておりません。 ブラウザを最新バージョンに更新し、再度オートデスク公式ストアにアクセスお願い致します。

home login search menu close-circle arrow-dropdown-up arrow-dropdown arrow-down arrow-up close hide show info jump-link play tip external fullscreen share view arrow-cta arrow-button button-dropdown button-download facebook youtube twitter tumblr pinterest instagram googleplus linkedin email blog lock pencil alert download check comments image-carousel-arrow-right show-thick image-carousel-arrow-left user-profile file-upload-drag return cta-go-arrow-circle circle circle-o circle-o-thin square square-o square-o-thin triangle triangle-o triangle-o-thin square-rounded square-rounded-o square-rounded-o-thin cta-go-arrow alert-exclamation close-thick hide-thick education-students globe-international cloud sign-in sign-out target-audience class-materials filter description key-learning pdf-file ppt-file zip-file plus-thick three-circle-triangle transcript-outline

サブスクリプションの期間

技術サポート

含まれるようになりました

プラットフォーム

カートに追加

DMS 東京 2017 出展記念 購入者キャンペーン [先着限定!]

Inventor トレーニングブックプレゼント - 期間中に Inventor をご購入いただくとトレーニングブック 2 冊をプレゼント。
Fusion 360 選べるトレーニングプレゼント - 期間中に Fusion 360 の 1 年以上のサブスクリプションを購入された方に、オートデスク認定トレーニングセンターでのトレーニング受講チケットまたは、お好きなトレーニング本を 2 冊お選びいただけます。

2017 年 7 月 31 日まで。詳細はこちら

業界別コレクション

Media Entertainment Collection で Maya を入手

Media Entertainment Collection で Mudbox、MotionBuilder などとともに Maya を入手。

コレクションでさらなる活用

オートデスクの新しい業界別コレクションは、AutoCAD とともに主要なオートデスクのソフトウェアとサービスを簡単かつ便利に、しかも魅力的な価格で提供します。
業界別コレクションの詳細はこちら

サブスクリプションメンバーの特典

  • 技術サポート
    お客様の問題を素早く解決いたします。すべてのサブスクリプションメンバーの皆様は以下のサポートを受けられます。
    • 電話制予約サポートやオンラインチャット、あるいは電子メールを通して、オートデスクのサポートスペシャリストに直接問い合わせることができます。
    • セキュアな環境下でリモートデスクトップ接続を経由して、お客様の技術的なトラブルを解決いたします。
    • 資料、チュートリアル、トレーニングビデオ、コミュニティサポートフォーラムなど、豊富なオンラインリソースを利用できます。
  • 最新ソフトウェアの入手
    最新バージョンと拡張機能に迅速にアクセスできることで、常に最新のテクノロジーを利用できます。お客様の使用環境に応じて、お好きなタイミングでアップデートを行ってください。
  • いつでもアクセス、旧バージョンも
    旧バージョンについてもダウンロードしてお使いいただけます。(バージョンに制限有)また、会社外の自宅や外出先でもサブスクリプションのライセンスなら使用することができます。
  • 期間を選べる
    お客様が利用する期間に応じて、1か月、1年、もしくは3年のサブスクリプションから期間を選択してください。
  • 管理ツール
    Autodesk Account でソフトウェアライセンス、本数、及び使用状況を簡単に効率よく管理できます。
  • 新しい「業界別コレクション」の利用
    2 つ以上のオートデスク ソフトウェア製品が必要な場合、サブスクリプションでのみ提供される業界別コレクションなら導入費用を大幅に節約できます。

サブスクリプションメンバーの特典について、詳細はこちら。保守プランに関する重要な変更はこちら

ご注意

  1. オートデスク サブスクリプションのお支払い方法は Visa、MasterCard、American Express、JCB、PayPal Express Checkout、コンビニ決済または銀行振込です。クレジットカードのお支払い方法を選択の場合は、1 ヵ月、1 年、複数年(2 年または 3 年)のサブスクリプションは、自動的に更新されます。
    コンビニ決済または銀行振込のお支払い方法を選択の場合は、1 年間のサブスクリプションのみ利用可能ですので、ライセンスの更新手続きが必要となります。1 年間のサブスクリプションは自動更新されていませんので、あらかじめご了承ください。詳細はこちら
  2. 選択した期間に基づき、オートデスク サブスクリプションおよび関連特典を使用する権利を期限付きで付与いたします。自動更新プランでご購入の場合には、使用期限になると自動的に期間が延長されます。延長期間は初回注文と同じ期間で、請求処理は自動更新後の初日に自動的に行われます。Digital River が注文処理を行った日付が各期間の開始日となります(詳細は、カートのページを参照)。サブスクリプションのよくある質問
  3. 将来的な問題を回避するために、お支払い情報(名前、メール アドレスなど)には必ず契約管理者(ユーザ管理の担当者)様の情報を入力してください。契約管理者の方には、ソフトウェアを管理するための大切な情報と管理権限を提供いたします。購入後に管理者を変更することはできません。
  4. 携帯電話のメールアドレスを使用しないでください。
  5. Autodesk Account を持っている場合は、Autodesk Account のメールアドレスを使用してください。「Autodesk Account ガイドツアー ~Autodesk Account 最新情報~」

サブスクリプションのサポートとラーニング

サブスクリプション設定に関するさまざまな情報取得と、オートデスクへのお問い合わせ方法のご案内

  1. オートデスク製品のご購入に関するご案内
    サブスクリプション ライセンスの概要、ご購入からダウンロード、Autodesk Account での指名ユーザーの設定などを画面キャプチャつきでご説明しています。

  2. オートデスクへのお問い合わせ方法
    エンドユーザ様がオートデスクへお問い合わせいただく方法を紹介した文書です。インストールや設定がうまくいかない、注文確認メールが来ない、ダウンロードができない、などの場合にもご利用いただけます。

  3. Autodesk Account ガイドツアー ~Autodesk Account 最新情報~
    サブスクリプションをご契約のお客様が今年度リリースされる製品を、よりスムーズに利用開始いただくために必要なセットアップについて 45 分間の動画でご説明しています。

  4. ソフトウェア管理者向けオートデスク サブスクリプション ガイド
    ソフトウェアのセットアップ方法とユーザー管理方法についてのすべてが記載されているドキュメントになります。

製品機能

新しいスカルプティング ツール、Bifrost の新しい環境エフェクト、新しいデフォメーションのスムージング、使い勝手のよいツールを数多く搭載した新しいユーザ インタフェースにより、アニメーション ワークフローが大幅に強化されます。Maya® ソフトウェアの新しいアニメーションおよびビジュアル エフェクト機能を使用すれば、以下のことが可能になります。

  • 新しいレンダリング設定を使用して、複雑なシーンのレンダリングと管理をより簡単に行えます。お気に入りのレンダラーで作成したシーンに、最新のアプローチでショットベースのオーバーライドを追加できます。
  • ショットのセットアップのテンプレート生成をより迅速に行い、あるショットから別のショットへセットアップを伝播できます。複雑なシーンをシンプルなコレクションに分割できます(非破壊的なオーバーライドの適用など)。
  • 試行錯誤の効率を高め、最終結果をより迅速に得ることができます。お使いのパインプラインとの統合性に優れた新機能を使用して、重要な変更をより簡単に加えることができます。
  • 新しいシェイプ オーサリング ツールセットを使用して、キャラクタ リグにアート ディレクションを行えます。新しいポーズの空間デフォメーション ワークフロー、新しいシェイプ エディタ、強化されたブレンドシェイプ デフォーマを使用して、より正確に目的の結果を得ることができます。
  • Maya ワークフローに統合された、MASH プロシージャル アニメーション ツールセットに基づく新機能を使用して、複雑なモーション グラフィックス、UI デザイン、環境モデリング、アニメーション、FX を作成できます。
  • コンピュータの既存のコアとグラフィックス プロセッサで計算を分散するように設計された、Maya の新しい並列マルチスレッド評価システムにより、キャラクタ リグの再生と操作がより迅速に行えます
  • ビューポートのパフォーマンスが向上し、作業のフィードバックが高速化されています。新しい GPU ベースのメカニズムにより、ビューポート 2.0 のデフォメーションがグラフィックス ハードウェアで実行されるようになりました。
  • 付属の API を利用して GPU アクセラレート対応のカスタム デフォーマを作成し、パイプラインの柔軟性を高めることができます。
  • パフォーマンス プロファイラが密に統合され、シーンやプラグインのボトルネックを検出し、解決することができます
  • より高い詳細度および解像度を使用できるようになった新しいスカルプティング ツールセットで、よりアーティスティックかつ直感的にモデルのスカルプトや成形を行えます。従来のスカルプティング ツールには、ブラシ機能のボリューム減衰およびサーフェス減衰、スタンプ イメージ、UV のスカルプト、ベクトル ディスプレイスメントのスタンプのサポートなどの機能強化が加えられています。
  • 流体シミュレーションに泡やあぶく(「ホワイトウォーター」)を加えることで、よりリアルでディテールにこだわった、海、海岸、湖、荒れた海などのシーンを作成できます。新しい適応型ホワイト ウォーター システムでは、カメラビュー内の解像度が高くなりました。シミュレーション時間を短縮でき、必要な場所のディテールのみを計算できます。
  • 再設計されたユーザ インタフェース(UI)では、必要なツールを必要なときにより簡単に見つけることができます。使い慣れたワークフローはそのままに、最新かつ統一された UI が新しいユーザ エクスペリエンスを提供します。新しいアイコン、フォント、レイアウトの微調整により、携帯用タブレット PC から Ultra HD または 5K など、さまざまな大きさのデバイス、ディスプレイ、解像度で Maya UI のスケーリングし、読み取りやすくできます。

機能紹介ビデオ

キャラクタ作成、アニメーションのためのツール

Maya® を使って、難易度の高いキャラクタ作成やデジタル アニメーション制作に取り組みましょう。統合された強力な 3D ツールを手に入れて、堅牢で拡張性に優れた CG パイプライン コアにすることができます。

注: Extension 1 および 2 の機能は、Maya 2016 ソフトウェアの Extension リリースの一部として提供されます。現在のサブスクリプションメンバーのお客様のみにご利用いただける機能です。

  • 新機能

    レンダリング設定

    最先端のアプローチにより、複雑なシーンのレンダリングと管理を短時間で行うことができます。(ビデオ:9 分 10 秒 英語)

  • 新機能

    シェイプ オーサリング ワークフロー(機能強化)

    キャラクタ リグへのアート ディレクションのワークフローがより包括的になりました。(ビデオ:11 分 02 秒 英語)

  • 新機能

    モーション グラフィックス ツールセット

    インスタンス化されたオブジェクトを使って、複雑で美しいプロシージャ エフェクトをすばやく作成できます。(ビデオ:13 分 20 秒 英語)

  • 新機能

    Bifrost のアダプティブ フォーム

    液体シミュレーションに泡、あぶく、気泡を追加できます。(ビデオ: 8 分 02 秒 英語)

  • 新機能

    リグの並列評価

    新しいシステムにより、リグの再生と処理速度が向上しました。(ビデオ: 4 分 12 秒 英語)

  • 新機能

    ゲーム エンジン ワークフローの強化

    Maya からゲーム エンジンへの移動がより素早く、簡単になります。

すべての機能を表示

製品の比較

バージョン別機能比較はこちらでご確認ください。

Maya と Maya LTとの比較はこちらでご確認ください。

動作環境

動作環境はこちらでご確認ください。